1. 期間限定、模様に関しての担当授業

「模様」という名前の授業があり、講師(インストラクターやデモンストレーターと言った方がしっくりきます)として参加することになりました。僕は、模様というかサーフェスデザインと考えて関わろうと、今回もレポートしようと思います。
受講対象は、京都精華大学デザイン科グラフィックデザインコースの学生です。ちなみに学内には、テキスタイル科もありその両者が模様について勉強しています。その差異は何かな?とそこに1番興味を持っていて、差異があるとしたら僕は、そんなの無くしたらいいのにと思います。

去年までは、「写真」という授業に関わっていました。それについては、こちらにまとめています。


あらためて調べると「模様」ってとても広義です。
“模様(もよう)とは、ものの表面に自然に発生または、人工的に表された図、絵、形などのこと” wikiより。目にする全てが、模様と解釈できてしまいます。文様や紋様と呼ばれるものもあり、その差があるかというと模様に属したものなので一緒です。

また模様は、連続した柄でないといけない?という理解も世の中にはあるのですが、それは生産上の問題から起きた「並べたあいだをつなぐ」という結果です。リピートをつけると言ったりしますが、何か描いた後に考える対処問題なので、あくまで1つの手段ということになります。
じゃあ先に何を考えよう?というわけで、先人のやってきた模様の表現について考えてみたいと思います。先に言うとそれは、「様式美」たちです。とその前に。僕がインストラクターとして呼ばれたのは、きっと「古きを訪ねて新しきを知る」という言葉の「新しき」の部分の紹介指南役、様式美となった「古きを訪ねて」の部分とは、違った立ち位置でまとめる役と考えました。

(ついでに様式美とは?「芸術作品などの表現形式がもつ美しさ」コトバンクより。あまり意味がわかりません。wikiには、様式美ということ自体に言及がありませんでした。僕は、無名なものが有名なものに変わり代名詞になったものを、様式美と解釈しています)

というわけで有名前夜または、明けて進行形の「模様にあたるもの」たちをまとめて見てもらうことにしました。


などなど、ごちゃごちゃ書いてますがひとことで模様というかサーフェスデザインは、日常に楽しいもの。

画像は、眼前にあった「あぁ楽しそうに見える」という風景だったので、パチリ
横浜の馬車道駅構内の透明なベンチとウチで作ったものを撮りました。
つづく

2019.7