10. 期間限定、模様に関しての担当授業



学生に、途中経過なり自分の制作作業についてを説明をしてもらい、やりとりしていきます。

模様を作るにあたって模様を使う目的があると着地しやすいかなと思います。ただ眺めるという目的でも、もちろん目的だし機能を果たしています。その目的の途中に問題が見つかります。例えば、私は〜と考える。しかし誰々は〜と考えるようだ。みたいに視点を変えたことで問題が出てきたり、みんなは〜と考えてるので、私は〜を考えた。と回りの情報から問題解決に向かう学生など、もちろん様々なのですが「どの視点でそう考えたの?」と動機から結末に向かう始末に、そうやりとりすることが多かったように思います。

話が変わるようだけど、このクラスは教授が1名に講師が2名の3人体制で授業をしています。となると僕(講師)の回答は、ときに学生だけでなく他の先生講師へも「なるほどね」や「それってどういうこと?」となります。いろいろな回答が、いろいろなところから出てくるわけです。

学生の一例では、作業の終盤にマーケティングのようなことをして説得力を出そうと「私は、〜と考える。」という個性をテーマにしていたスタートが「およそ20-30代を対象に〜を考える」と後半に向け変わり「あれ?自分の視点はどこへ行ったの?三人称視点に変わって個から一般に変わっちゃうの?」というやりとりがありました。どちらかといえば「性差や年齢差も超える」という言い方の三人称視点だと説得力が出るんじゃないかという内容、そういう個性をテーマにしてた面白い作品もありました(最終発表で紹介できると思います)。

動機から結末に向けての途中で、視点を変えずに作った方が自分で理解しやすく、他人にも伝わりやすいと思います。完成したものを補強するときに、違う視点を持って検証すると良いと思います。いわゆるマーケティングです。

視点の話を書きましたが、下記にまとめてみました。

動機から結末までの始末・視点
一人称「わたし」という視点。自分に起きてる出来事や問題を、世界の人へ投げかけるような視点。エゴ的または個人化した視点。
二人称「あなた」という視点。特定の誰かを想いやるような視点。「社会」ではなく日本でいう「世の中」へ向けられた、独自のコミュニティ例えば恋人へ向けられるような視点。
三人称「彼ら彼女ら」という視点。不特定多数へ向けられたマーケティングのような視点。個の意見ではなく多数に集約された意見、最大公約数を求めるような視点。
視点としては、これに集約されると思うのですが、ん?となる人もいるのかな? アカデミックによく言う「主体と客体」という二項対立で問題を考えると白と黒で分けるような作業になり、いろいろ変化する色が見えづらく伝えづらくなると感じます。そんな単純じゃないよ、と多様性的な回答へも遠くなります。

ちなみに「見るもの、知るもの(主体)」と「見られるもの、知られるもの(客体)」のこと。
授業中に「一人称視点とかってどういうこと?」と質問もらったので触れてみました。