3. 期間限定、模様に関しての担当授業



手で描くこと
前回触れた過去を振り返ってみて先人の多くがそうしているように、自分たちも手で描くことを主軸に進めます。

何か模様を作り、それを使うことを何か似た作業に例えると、詩を書き歌うことに近いのかなと思います、シンガーソングライターのような作業です。詩も作ったことないし歌うこともそうないですが、とても身近に感じる音楽。

アンプラグドで鼻歌を口ずさむような始まりは、ラフスケッチのような作業です。みんなが今まで描いたものを見せてもらいます。今まで歌ってきた鼻歌を聴かせてもらうと、あなたについてわかるし手持ちの資源の断片みたいなものが、わかるような気がします。

声質が筆致にあたり、メロディが画面構成。それを資源と例えると、実は自分の場合ゼロ資源に近かったりします、というかあまり自分の資源を信用していないという自営業歴20年でした。

去年は、そのスケッチをテーブルに広げてもらい、コロナ禍の今年は、リモートごしに1点づつ見せてもらいます。リモートでは、匂いのようなものは伝わりづらいように感じ、今っぽく潔癖めいて見えます。

学校側が用意してくれたお題。今年のテーマは「外」とのこと、こちらについてをレポートしてもらうことになっています。去年のテーマは、特になし。ここでのテーマは、あまり重要ではなく、あくまできっかけのようです。