4. 期間限定、模様に関しての担当授業



お題「外」について
学校側で用意してくれたお題「外」について。このテーマをもらい僕自身漠然と思ったのは、SNSやプライバシーまたは自然、そういうワードを使って「外」を語りたくないなと思いました。他者性のようなことを問題にする前に、自分と向き合って欲しいと思うスタートです。

僕の場合の「外」については、下記です。学生に混じって回答です。
pdf
まとめると、人にとっての内外意識は、脳の中で起きてる情報と感じます。というもの。
実は僕にとって大切なことがありました。
この授業が始まる前に父が亡くなったということ。友人の死は既に悲しみの経験済みであっても、肉親となるとただ悲しいとも違うものでした。親の最期を看取った前後に感じたことが、上記に近い印象です。父についてのいろいろを考えることが自然と増えたことで、主に過去の時間と現実が溶け合うようになり、父との距離感が不思議と近くなった感覚でした。
ちなみに上記の海についてのことは、実際に海に半日も浸かっていると夕方あたりに訪れる感覚からの回答です。

その「外」について、学生のレポートで面白いものがありました。「自然が嫌い、なぜみんなあんなにありがたがるんだろう」みたいなもの。とても素直で好きな感想です。最大公約数的な意見に自分の意見を押し殺すことなく言う、いいなと思いました。
「外」に出ていく模様を考えてもらう以前に「外」が嫌いという回答。素数のような意見です。