13. 期間限定、模様に関しての担当授業



使うための模様
更にリプートをしました。線だけだとどうなるかな?と新しく模様・柄を増やしました。これは、洋服にしたいと思っています。

今まで、散々面倒なこと書いてますが、「着たいから眺めたいから作る」と作る始まりはいつも単純なこと。でも、そういう単純・シンプルなことを説明しようとすると複雑になりがちです。シンプルなことほど複雑。

1つは、眺めるための模様、上の画。もう1つは、使うための模様の下の画。その2点の違いは何だろう?感じたことを自分でも探してみようと思います。