2. 重力に逆らうカタチ



前回触れた、重力に逆らうカタチはどんなものがあるか、自分なりに見てみました.

例えば貝の螺旋構造は、重力に反した構造に感じます.



貝をミクロとして、相似形をマクロな建築物に見てみました. 下図グッゲンハイム美術館の内部が、貝のようです. 

google画像検索より掲載





そして外観も貝のようです. 

google画像検索より掲載





例えばきのこの菌糸構造も、重力に反した構造に感じます.



きのこがミクロとして、相似形をマクロな建築物に見てみました.サグラダファミリアの内部が、キノコのようです. 次の菌類も重力に逆らったようなフォルムです.

google画像検索より掲載





カサバトリョの外観. こちらもキノコのアミアミ、粘菌類を連想します.

google画像検索より掲載





固体の幾何構造. 下図はクリスタルの結晶です、重力に逆らってる感じがよく出てます. 大都市のビル群にも見えます.

google画像検索より掲載





「重力に逆らうカタチ」というワードでモノを見る、何か造形するときのヒントの1つになりそうです.



少し話は自分の作業のことになりますが、上記をヒントにしたものがあります.



上図のモノを作るとき、こんな感じで紙を折ったりして試作のスタートをします、それに近いトライアルをみんなでしてみようと思います.