5. 期間限定、模様に関しての担当授業



模様とイラストの違い
自分の場合、美術大学などに通って感じた美術教育の弊害があって、考える前にあれが良くてあれは良くないよね、と考えたり感じる前に「これが正解」と言われたこと。今回伝える側になって、考えたり感じることを先に奪いたくないなと予々感じます。

その正解にも大きく分けて2つあって、文学的な「最適解」と、数学的な「絶対解」というもの。ちなみに「最適解」は無数にある答えのうち、どれかが最も適した解、答え。それに対して「絶対解」は決まった答えが1つ。デザインなどの芸術分野は、絶対解が少なく最適解が多いけど、その最適を自分で探して欲しいです。

一方、交通標識のような危険や安全を伝えないといけない絶対に近い解、答えは先に伝えないと。という気概で交通整理担当が僕の役名です。

そんな中「模様とイラストの違いって何ですか?」と質問がありました。違いはね、とリピートなど反復柄など生産性について説明した上で、違うものだよという他の先生もいました。僕は同じものですと伝えました。差異はあれど、同じ絵だと思います。

その差を考えて欲しいけど、伝えたいことを先に言うと「外へ広がりがあるものが模様。見る人の視線を集め注意を誘うようなものがイラスト。」と伝えました。でもあくまでも同じ絵です。

上で言ってることと違う、どうして感じてもらう前に応えたのか?

効果・効用で考えると
視線など画面外の空間へ広がるものが、模様や柄、サーフェス。それによって心地良さを、それを着る人やそこに居る人に与える。ひとことで、健やかに生きるためのもの。
画面の中で注目や視線を集約的に誘うものがイラスト。それによって情報を正確に伝える、注目させるために発達した手段。ひとことで注意や伝達訴求を担うもの。
大袈裟にいえば、両者安全に生きていくために無駄に近い絶対に必要なこととして今があって、だいぶ大袈裟だけど、生死に関わる目的化された部分だから、先に伝えました。

その上で模様を作ってもらい、それをどう使うかとか、どう眺めるかも考えてもらいます。